令和5年度
課題解決に向けた
先進的な
衛星リモート
センシングデータ
利用
モデル実証プロジェクト

OUTLINE概要

内閣府 宇宙開発戦略推進事務局では、2017~2022年度に引き続き、
「令和5年度 課題解決に向けた先進的な衛星リモートセンシングデータ利用モデル実証プロジェクト」を実施いたします。
本事業では、衛星データの利活用促進に向け、衛星リモートセンシングデータの先進的な利用モデルの実証を行います。
測位データのみの利用による実証は対象外となりますが、
衛星リモートセンシングデータと測位データの組み合わせによる実証は対象とします。

令和5年度のモデル実証では、新事業・新サービスの創出、既存産業の付加価値向上・生産性向上、
地方創生、制度改革やマニュアル化等による行政利用の促進等に貢献する、
実用化を目指した衛星データ利用モデルの実証提案を募集します。
また過去に本事業に採択されたプロジェクトの発展的な実証の提案も可能です。

令和5年度は、6月21日(水)~7月14日(金)まで実証チームの公募を行いました。

過去の実証プロジェクト及び成果概要についてはこちらから

PROJECTS実証プロジェクト

令和5年度「課題解決に向けた先進的な衛星リモートセンシングデータ利用モデル実証プロジェクト」では
17件の応募があり、5件が採択されました。

実証プロジェクト名 サービス利用者名 サービス提供者名 プロジェクト概要
衛星と地上センサを活用した途上国の大気汚染の時空間可視化実証 PT Nafas Aplikasi Indonesia 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
株式会社sorano me
株式会社三菱UFJ銀行
PDF
持続的な森林管理と森林クレジット創出のコスト縮減に向けた実証 豊田市役所
林野庁
一般財団法人リモート・センシング技術センター PDF
光学衛星とAIによる廃棄物の不法投棄等の早期発見に向けた実証 茨城県 県民生活環境部 廃棄物規制課 株式会社パスコ PDF
光学衛星データを活用した河川管理の効率化及び高度化 河川管理者(国土交通省 水管理・国土保全局) 公益財団法人リバーフロント研究所
日本工営株式会社
スカパーJSAT株式会社
衛星データサービス企画株式会社
PDF
機械学習手法を用いた不法盛土箇所の検出及び地盤変動リスク分析 長野市・静岡県(静岡土木事務所)・静岡大学 株式会社Synspective
株式会社フジヤマ
PDF

FAQよくある質問

委託事務処理マニュアルはありますか?
経済産業省大臣官房会計課作成の「委託事業事務処理マニュアル」(令和3年1月版)を参考にして事務処理を行ってください。
人工費の単価について指定はありますか?
指定はありませんが、単価の根拠について説明できる書類を提出いただきます。
共同企業体(複数社によるコンソーシアム)での応募は可能ですか?
可能です。採択後、契約は代表者との契約になり、共同企業体間で協定書(様式自由)を締結いただきその写しの提出をお願いします。
実証チームの代表者は組織の長でなくてもよいでしょうか?
組織の長(社長やCEOなど)でなくとも構いませんが、実証プロジェクトの実施や成果に責任を負えるしかるべき管理職の方にしてください。
少額の経費であれば経理処理は省略できますか?
少額であっても仕様→見積→発注→納品→検収→支払のフローに従って経理処理を行ってください。詳しくは、経済産業省大臣官房会計課作成の「委託事業事務処理マニュアル」を参照ください。
人件費には、実証チーム内の他社の人件費を計上できますか?
人件費の費目にはチームの代表組織の人件費を計上ください。実証チーム内の他社の人件費は再委託費等に計上ください。
人件費の作業時間はどのように計算すればよいでしょうか?
原則として作業日誌を作成いただき、当該業務にいつ、何時間、どのような作業を行ったかを記録してください。
旅費について、航空機を使って出張した場合は会計検査では何を提出すればよいでしょうか?
航空券の領収書(請求書と銀行振込等の支払いの事実が分かるもの)と搭乗券の半券の写し(もしくは出張したことが証明できる書類)を提出ください。

CONTACTお問い合わせ

お問い合わせは、ご所属・お名前・問い合わせ事項を
明記の上事務局までメールでのご連絡をお願いします。

日本宇宙フォーラム:
「課題解決に向けた
先進的な衛星リモートセンシング
データ利用モデル実証プロジェクト」
公募事務局

mail:model@jsforum.or.jp