あなたに合った支援を紹介

SUPPORTS

宇宙という未知なるフィールドに、
新たな活躍の場を求めるすべての人へ。
政府は、多様なニーズに合わせた様々な支援策で、
サポートしていきます。

S-Booster 2018

2017年より実施している宇宙を利用した新たなビジネスアイデアコンテスト。ベンチャー企業のみならず、学生や個人、異業者からアイデアを幅広く募集し、メンターによるブラッシュアップを通じて、投資家等からの資金調達の実現に向けて、事業化に向けた支援を行います。最優秀賞やスポンサー賞など、各賞の受賞者には副賞として賞金も授与されます。

サイトを見る

宇宙ビジネス投資マッチング・プラットフォーム(S-Matching)公募中

ビジネスアイデアを持った個人やベンチャー企業と、投資家や事業会社をマッチングするためのプラットフォーム。個人・企業等は、通年で投資家に対して自らのビジネスアイデア等を直接アピールできるようになるとともに、投資家は早い段階からより多くのビジネスアイデア等に接することが可能となります。

サイトを見る

政府衛星データのオープン&フリー化及びデータ利用環境整備事業

昨今、技術革新や新規参入等を背景に、宇宙由来の様々なデータの質・量が抜本的に向上しつつあります。今後、衛星データと地上データ等を組み合わせることにより、様々な産業分野の課題に対しソリューションを提供していくことが期待されています。民間企業や⼤学等が衛星データを利用しやすい環境整備を実現し、新規ビジネス創出を促進するために、政府衛星データのオープン&フリー化の上、画像解析機能等を具備したプラットフォームの開発を行います。

サイトを見る

先進的な宇宙利用モデル実証プロジェクト

衛星データの利活用促進に向け、衛星リモートセンシングや測位情報といった衛星データの先進的な利用モデルの実証を行います。実証に当たっては、衛星データを活用したサービスを提供する者と、実際にそのサービスを自らの事業等に利用する者がチームとなることで、エンドユーザーのニーズを踏まえた真に使えるサービスの創出を図ります。

サイトを見る

衛星データ統合活用実証事業公募中

近年、宇宙由来のデータがビッグデータ化する中、我が国の宇宙利用産業の拡大のためには民間企業等によるアプリケーションビジネス創出が重要です。そのため、衛星データとその他の地上データを組み合わせて活用し、将来的なビジネスを見据えたアプリケーションの社会実装に資する開発・実証に取組む民間企業等に対して本事業を通じて支援します。

サイトを見る

宇宙開発利用大賞(S-AWARD)

宇宙開発利用の推進に多大な貢献をした優れた成功事例の功績をたたえ、我が国の宇宙開発利用のさらなる進展等を目的に、2013年度より隔年で実施している表彰制度。表彰の種類は、内閣総理大臣賞をはじめ11種類。2018年3月20日に宇宙シンポジウムの一環として開催した第3回表彰式では、安倍総理がご出席され、表彰状とトロフィーを授与。

サイトを見る

スペース・ニューエコノミー創造ネットワーク(S-NET)

既存の宇宙産業に加え、宇宙産業以外の多様な企業・団体等が集う「場」を提供し、企業間等における新たな宇宙ビジネス創出のためのネットワーキング形成の支援を目的とするもの。全国各地でのセミナーや情報発信等を通じ、宇宙産業の裾野拡大を図るとともに、衛星データ講習会やネットワーキングウェブサイトの構築等を通じて、宇宙ビジネスに踏み出せる支援を提供。