先進的な宇宙利用
モデル実証
プロジェクト

About space application model demonstration project public offering

ADOPTION採択案件

25件の応募があり、審査の結果、以下の実証プロジェクトが採択されました。

実証プロジェクト名 実証チーム(連携組織等を含む)
衛星データを利用したドローン自律航法管制プラットフォーム  NTT空間情報株式会社 NTTコミュニケーションズ株式会社
株式会社NTTデータCCS
テラドローン株式会社
オリックス・レンテック株式会社
GNSSと地上データの融合による新たなスポーツ市場の開拓 エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科
株式会社アシックス
パフォーマンスゴールシステム株式会社
横浜市港北区
衛星リモートセンシングによる森林火災早期検知モデルの実証  住友林業株式会社 Sumitomo Forestryインドネシア
パランカラヤ大学(インドネシア)
日本電気株式会社
国立研究開発法人産業技術総合研究所
衛星データと深層学習による推定収量を活用した農業保険の開発 SOMPOリスケアマネジメント株式会社 東京大学 空間情報科学研究センター
一般財団法人リモート・センシング技術センター
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
Sompo Insurance (Thailand) Public Company Limited
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
衛星ビッグデータを活用した里山黄金郷創出事業~竹林から~ 宇部興産コンサルタント株式会社 株式会社ニュージャパンナレッジ
株式会社常盤商会
宇部市
国立大学法人山口大学応用衛星リモートセンシング研究センター
地方独立行政法人山口県産業技術センター
山口県農林総合技術センター
一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構
国立研究開発法人産業技術総合研究所人口知能センター
途上国農家ビッグデータとリモセンによる農業金融サービスの実証 株式会社三菱総合研究所 スカパーJSAT株式会社
Agribuddy Ltd
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科
宇宙ビッグデータSDGs農林牧畜業プラットフォーム海外展開事業 株式会社アットビジョン Fairbrother Industries Limited.
TKS BRASIL APOLO ADMINISRATIVO
一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構
WiredIn Ltd
東京大学 空間情報科学研究センター
国立研究開発法人産業技術総合研究所

OUTLINE概要

このたび、内閣府では、衛星リモートセンシングデータを含む衛星データの利用モデルの実証等を通じて、
長期かつ大口のユーザーとなり得る国や地方公共団体等をはじめとした潜在的エンドユーザーの顕在化・拡大を目指すとともに、
国内企業の衛星データ利用の呼び水にすることを目指した、「先進的宇宙利用モデル実証プロジェクト」の公募を開始します。
公募の詳細につきましては、以下から公募要領をダウンロードのうえ、ご参照ください。
申請書類様式もあわせてダウンロードいただけます。

DOWNLOAD募集要項及び申請書類

公募期間:平成29年8月23日(水)~9月22日(金)

募集要項及び申請書類
  1. 公募要領(PDF)
  2. 申請書(word)
  3. 提案書(word)
  4. 予算計画書(excel)
  5. 応募条件同意書(word)
  6. 実績報告書(word)
  7. 成果報告書(PowerPoint)
  8. 質問状(word)

FAQよくある質問

人工費の単価について指定はありますか?
指定はありません。
共同企業体(複数社によるコンソーシアム)での応募は可能ですか?
可能です。採択後、契約は代表者との契約になり、共同企業体間で協定書(様式自由)を締結いただきその写しの提出をお願いします。
委託事務処理マニュアルはありますか?
特にございません。ご不明点は事務局までご相談ください。

CONTACT問合せ窓口

日本宇宙フォーラム:
「先進的宇宙利用モデル実証プロジェクト」
公募事務局

担当 田辺・小林

TEL:03-6206-4901
mail:model@jsforum.or.jp