PROGRAM プログラム

シンポジウム

■12:30~
開場・受付開始・展示見学
■13:30~13:40
開会挨拶
■13:40~14:30
基調講演(30分間)/ 質疑応答(20分間)

-稲川 貴大氏(インターステラテクノロジズ株式会社代表取締役社長)
※オンラインでの講演となります。
「ロケット開発と民間ものづくり企業の関わりについて」

民間で初めて宇宙空間に到達するロケットを製造した同社が、これまでどのように中小企業と連携・協力してきたか、また、今後の宇宙ビジネスの展望などをどのようにお考えかなどについてお話しいただきます。

略歴

インターステラテクノロジズ株式会社 代表取締役社長 CEO 北海道の大樹町を拠点に、日本の民間企業開発として初めて宇宙へ到達する観測ロケット「MOMO」の開発・製造、打上げを実施し、2019年5月には3号機の打ち上げに成功。

稲川 貴大氏
■14:30~14:50
事例紹介①(20分間)

-宮﨑 康行氏(日本大学理工学部 客員教授)
「超小型衛星開発において企業に求められるもの」

これまで2機の超小型衛星を製造してきた宮﨑氏による、製造に際しての中小企業・他組織との関わりや、宇宙ビジネス参入を目指す中小企業に必要な条件などについてお話しいただきます。

略歴

1993年3月に東京大学にて博士(工学)の学位取得。同年4月より、日本大学理工学部航空宇宙工学科に勤務。2008年4月より同学科教授。2018年10月から2020年9月まで、大学宇宙工学コンソーシアム(UNISEC)理事長。2020年10月より、JAXA宇宙科学研究所教授、および、日本大学客員教授。専門は展開構造などの宇宙構造物工学。日本大学では計4機の超小型衛星を打ち上げている。また、「ほどよしプロジェクト」に参加し、展開デバイスのフライト実証を行ったり、JAXAのソーラーセイルIKAROS、ISSでのインフレータブル構造物実証SIMPLEに参加したりするなど、実プロジェクトを経験してきている。

宮﨑 康行氏
■14:50~15:10
事例紹介②(20分間)

-羽生田 豪太氏(株式会社羽生田鉄工所 代表取締役)
「ものづくり中小企業の宇宙ビジネス奮闘記(長野編)」

圧力容器応用装置のメーカーである同社が宇宙ビジネスに参入した経緯や、他の中小企業や組織とどのように連携して取り組まれているかなどについてお話しいただきます。

略歴

1965年生まれ。1985年㈱羽生田鉄工所入社。2001年5月㈱羽生田鉄工所代表取締役就任現在に至る。
2014年2月に打ち上げられた信州大学開発の超小型衛星「ぎんれい」で衛星開発に参画。2014年12月に打ち上げられた鹿児島大学と九州工業大学の共同開発による超小型宇宙探査機「しんえん2」では、炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(CFRTP)による構体開発を担当した。
内閣府 宇宙開発戦略推進事務局による2019年度、「課題解決に向けた先進的な衛星リモートセンシングデータ利用モデル実証プロジェクト」に「衛星データを活用したワイン用ブドウ精密栽培システムの高度化」が選定される。

羽生田 豪太氏
■15:10~15:30
休憩・名刺交換・展示見学

個別相談会・名刺交換会

※事前予約制 各定員 2組20分/組(予定)

■15:30~16:10

-高山 久信氏(株式会社minsora 代表取締役)

専門分野:宇宙ビジネスに関する新たなプロジェクトアイデアや、宇宙機器製造に関する技術面での御相談が可能です。

略歴

長年に亘って、宇宙分野の各種新規プロジェクトの企画・提案・交渉や事業戦略策定などに従事。また、宇宙ビジネスコーディネーターとして、内閣府S-NET事業を支援して、各地域での宇宙関連サービス創出をサポートするとともに、各地で老若男女、宇宙・非宇宙を問わない宇宙教室を実施。現在は、大分県を拠点に宇宙ビジネス創出活動を展開中。また、来年度に開催予定のISTS大分別府大会に向けた大分県によるプレイベントの企画・運営を担当。

高山 久信氏

-奥村 俊夫氏(一般財団法人リモート・センシング技術センター ソリューション事業第二部 参事)

専門分野:人工衛星の観測データの活用による、宇宙ビジネス参入や事業拡大等についての御相談が可能です。

略歴

1997年
金沢工業大学大学院情報工学科 修士課程修了
財団法人リモート・センシング技術センター入社
宇宙開発事業団地球観測センターにて衛星データの受信処理システムの設計開発に従事
2003年
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の地球観測衛星だいち(ALOS)のデータ解析システムの設計開発に従事
2009年
農林水産省や海外の農業省などと農業分野における、人工衛星データの利活用に従事
2019年
異分野とのイノベーションによる衛星リモートセンシグ技術の活用事業創出に取り組み中

奥村 俊夫氏
■16:30
終了

<いばらき宇宙ビジネスサミットとは>

茨城県は2018年から「いばらき宇宙ビジネス創造拠点プロジェクト」を立ち上げ、自治体としては全国初となる、宇宙ビジネスに特化した、切れ目ない支援を実施しています。 宇宙ベンチャーの創出・誘致や宇宙ビジネスへの参入促進を目指し、宇宙ビジネスの機運醸成を進めるとともに、コーディネーターの配置や、挑戦する企業への財政支援に取り組んでいます。地方における宇宙ビジネスの裾野拡大の役割を期待され、国から「宇宙ビジネス創出推進自治体」に選定されており、このプロジェクトの一環として、昨年から「いばらき宇宙ビジネスサミット」を開催しています。

過去の開催内容はこちらからご覧ください。

いばらき宇宙ビジネスサミット2019 いばらき宇宙ビジネスサミット2018